なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2022/04/24] 勝つことの楽しさ /

令和4/皇紀2682年3月24日 友引 | 2022/04/27 22:50 更新
勝って終わろう!
NIKON D500 175.00 mm ISO1000 1/1000 sec f/4.0

1点差にするキャプテン・りなのゴール
NIKON D500 155.00 mm ISO1000 1/800 sec f/4.0

ベンチもピッチも一体となって!
NIKON D500 200.00 mm ISO1000 1/640 sec f/4.0

1勝1敗で2位通過したゾンネは、目標であった準決勝に進出。
準決勝では同じ関東のレーヴェ横浜フラウと対戦することになった。
昨年は2桁得点され、惨敗した相手。
果たして、どれだけ差は縮まっているだろうか。

昨日とは打って変わっての雨のコンディション。
立ち上がり、レーヴェのキックオフで、地域女子CCでゾンネが決めた、リフティングパスからのダイレクトオーバーを見事に決められてしまい、数秒で先制を許す。
相手に意表をつかれ、なんだかいやな雰囲気となるが……、そこから返ってゾンネも気が引き締まり、両者一進一退の展開。
1ピリオド、さらに1点奪われるも、ゾンネも粘り、0−2で終了。

2ピリオド、なかなかかたい展開が続くが、エース・ヒラが1点を奪い、1点差に詰め寄る。
しかし、その直後、昨日に続いて、4秒違反を犯し、そのFKを決められ痛い失点。
2ピリオドは1−3で終了。

2点差はビーチサッカーではないに等しい点差。
3ピリオドの巻き返しを狙い、勝負の12分間へ。
ゾンネもチャンスをつかむが、なかなか得点できず、逆に3ピリオド開始7分、ゾンネのバックラインのパスを狙われ、一瞬のすきをつかれて、3点差となる失点。
その後、ゾンネも攻撃の圧力をかけるも、堅守のレーヴェの壁を破ることはできず、、、
1−4で残念ながら敗れた。

だが、昨シーズンのことを思えば、12分プレイングタイムの3ピリオド制でレーヴェを4点におさえたのは飛躍的な成長とも言える。
敗れはしたが、間違いなくゾンネはトップレベルに接近してきている、そう思える準決勝だった。


3位決定戦は地域女子で敗れているアヴァンチ大阪ウィステリア。
しかし、今日はなんとしても勝ち、3位を確保したいところ。

ただ、勝ち急いでしまうと、昨日のラソ戦、今日のレーヴェ戦のように、逆にうまくいかなくなる。
落ち着いて勝利を追求していく。
勝負の難しさでもある。

1ピリオド、少々浮足立ってしまったためか、相手に先制を許す。
しかし、その1分後、すぐにヒラのゴールで取り返し、同点。
1ピリオドはなかなかもどかしい展開で1−1で終了。

2ピリオド、開始早々、ゾンネは立て続けに失点。
1−3とリードを広げられてしまう。
だが、ゾンネは落ち着いていた。
その2分後に1点を返すと、7分にはヒラがついに同点ゴールを打ち込む。
そして、2ピリオド終盤、ついにヒラが逆転ゴールを奪い、4−3でこの試合初めてのリードを奪う。

4−3リードで迎えた、3ピリオド。
ゾンネは落ち着いてプレーを続ける。相手になかなかチャンスを与えない。
そして、7分、しおりが左サイドから、腿リフティングからの豪快なミドルシュートを決め、2点差に。
このゴールは相手にも少なからず動揺を与えたと思う。

試合はそのまま終了し、5−3で勝利!!
3位決定戦を制し、ゾンネは見事3位の座を手にした。

とにかく、最後に勝てて終われたこと。これが一番大きい。
そして、メンバーはベンチも含め、みんなビーチサッカーを楽しんだ。


これまで勝利から遠のいていたゾンネが手にした、強豪チームからの2勝。
これは間違いなく自信になった。
これまでの歩みが決して間違っていなかったということを、チームとしても、選手個々としても感じられた大会となった。

今年のスローガン「Josho - 常勝・上昇・常笑」に込めた、1つの上の“楽しさ”を今大会で味わうことができた。

そして、なにより、帰ってきた、すず、しおりが楽しそうにビーチサッカーをプレーしていた姿が一番うれしいことだった。
ビーチサッカーは楽しくなければ、うまくなれない、強くない、勝てない──。そんな私の信念を2人は笑顔を忘れず、ピッチで躍動する姿で表現してくれた。


夢のような2日間が終わった。
まさにドリームチームとも言えるようなゾンネであったが、正直、10人登録とは言っても、内4人は45歳以上のメンバー。さらに若手も1人はビーチサッカーを始めて、まだ1ヶ月足らず。
そんなメンバーで全国の強豪相手に本当によく戦えたと思う。
ビーチサッカーがチームスポーツであることをゾンネは証明したのではないだろうか。
ベンチもピッチも本当に一体になって戦っていた。

心地良い疲れを感じつつ、会場を後にし、銭湯、さらに夕飯。
結局、帰途についたのは午後8時過ぎ。
約400kmの旅路。
運転はたいへんだったけれど、でも、楽しい遠征だった。

強硬日程の遠征を楽しむゾンネの選手たち。
チームワークがあればこそ。
みな、充実した表情をしていたのが印象的だった。


[WALK:7388]


ビーチサッカー ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/7146クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20220424/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2022 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記