なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2022/04/05] 応援される選手になること /

令和4/皇紀2682年3月5日 先勝 | 2022/04/06 10:23 更新


3月末日で2021年シーズンが終わり、2022年シーズンがはじまった。
シーズンが終わったことで、今日は年間活動レポートをまとめ、今シーズンのスポンサー募集の案内を作成し、スポンサーやメンバーに配信した。
またウェブでも公開した。

2021年シーズン 活動レポート
https://info684585.wixsite.com/sonne/post/2021report

2022年シーズン スポンサー募集
https://info684585.wixsite.com/sonne/post/2022sponsor

以前、天津出身で茅ヶ崎のスタジオでトレーナーを務め、数々の世界的トップアスリートを導いている深井諭くんを招待し、講演を行ってもらったことがあるが、印象に残っている内容の一つが成長するアスリートの条件である。
いくつかの条件があるのだが、その一つに「応援されつづけること」というのがある。
このアスリートだったら、応援したいと思える選手でありつづけること。
支援されることが当たり前ではなく、支援されていることに常に感謝の気持ちをもてるか。
周囲にポジティブなエナジーを発信し続けられるか。
私もこの条件はとても大切なものだと思っている。

これは、アスリート一人に限ったことではなく、チームやクラブに言える。
スポンサー募集もそうだが、このクラブ、チームだったら、応援したいと思ってもらえるか。
それは、結局のところ、ポジティブな目標に向けて、純粋にひたむきに歩んでいる姿があるかどうかだと思う。

私も支援する側でもあるが、少なくとも、ゾンネに集まったメンバーをビーチサッカーだけでなく、いろいろな面で私なりに導いてあげたいという思いもある。
もちろん、おこがましいことではあるけど。

ゾンネにはおもしろい立場の選手たちがいる。
選手兼スポンサー。
昨年トレーニングウェアのスポンサーを募集した時、特典に1年間練習参加無料、というものを入れてみたら、選手の何人かが、それならば、ということでスポンサーに名乗り出た。
よくある「部費」「年会費」と言ってしまえばそれまでかもしれないが、しかし、あくまでもスポンサー費。選手でありながら、チームを経済的にも支援する。
それだけで意識も違うような気がする。

まぁ、スポンサーだからと言って、試合での忖度はしないけど!笑

ゾンネは新たなスタイルを追求しつづける。
選手自らが支えられる側ではなく、支える側にもなる。
そうすることで、支えるということの意味も自ら学ぶはずだ。

自然体の中で、常に応援される自分たちでありたい。


[WALK:2007]


ビーチサッカー コラム ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/7124クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20220405/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2022 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記