なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2022/03/28] 祖父三十三回忌 /

令和4/皇紀2682年2月26日 先負 | 2022/04/02 17:29 更新
親戚一同
iPhone 12 4.20 mm ISO32 1/849 sec f/1.6
>MAP
すっかり雪国へ
iPhone 12 4.20 mm ISO32 1/5291 sec f/1.6
>MAP
桜は開花したところ
iPhone 12 1.55 mm ISO25 1/1453 sec f/2.4
>MAP
お墓参り
iPhone 12 1.55 mm ISO25 1/516 sec f/2.4
>MAP
今夜の宿/笹倉温泉
iPhone 12 1.55 mm ISO25 1/2994 sec f/2.4
>MAP
雪に興奮する三男子
iPhone 12 4.20 mm ISO32 1/3300 sec f/1.6
>MAP
楽しいあったかい宴だった。
iPhone 12 1.55 mm ISO320 1/60 sec f/2.4
>MAP
今日から3日間、家族で新潟方面へ。
私が中学1年の3月に亡くなった、直江津のおじいちゃんと呼んでいた、母方の祖父の三十三回忌法要に、親戚一同で参列するため。

祖父が亡くなった日、平成2年3月12日のことはいまでも覚えている。
本来、お見舞いに行くはずだった日だったが、なんだか新幹線から在来線へ長岡駅で乗り換えると、車内の雰囲気がどうも違和感があり、、、おそらくその当時あまり使われていなかった古き国鉄時代の特急車両が臨時で使われていたのか、なんかタイムスリップしたような感覚に襲われた。
実家に到着すると、いるはずの祖母がいない。
どうしたのだろう、と母とともに思案していると、祖父が入院しているすぐ近くの病院から連絡があり、祖父危篤、すぐに来てくださいとの知らせが……。
病室に急いで入ると、すでに祖父は意識はなく、医師が声がけをしながら蘇生を試みているが……、そのまま祖父は息を引き取った。最期の会話はできなかったけど、でも、普段は遠く天津に住みながら、奇蹟的に祖父の最期に立ち会い、見送ることができた。
直江津のおじいちゃんには本当にお世話になった。まさに神様のような、仙人のようなあたたかい祖父だった。私が好きだった鉄道にも、付き合ってくれ、いろいろなところに連れていってくれた。
その祖父が亡くなり、心にぽっかりと穴が開いたような心境だった。

あれから、32年が経過した。
私はいまでは三男子の父親となった。
それでも、いつまでも、直江津のおじいちゃんには自分たちを見守っていてほしい。
これからもがんばります!

法要を終えると、名立にある祖母の親戚宅に挨拶した後、今夜の宿、笹倉温泉へ。
新潟の山奥はまだまだ雪が積もっている。
依然、積雪3mだとか!!
先週は宮古島に行っていただけに、まさに逆の季節の世界に来たような心境。

さっそく温泉に入り、暖まったところで、夜は親戚一同で宴会。
新潟のおいしい地酒もたらふくいただき、楽しいひとときだった。


[WALK:3469]



人生行路 旅行 ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/7119クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20220328/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2022 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記