なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2021/03/13] 国政政党の垣根を超えて地方は治めるべき /

令和3/皇紀2681年2月1日 友引 | 2021/03/13 11:23 更新
熊谷さんを応援する県議が著した良い記事です。

<県民置き去り?>異色候補者と与野党対決ショーに踊らされる千葉県知事選挙
https://news.yahoo.co.jp/articles/05d0743bbc4182353a42db28146cf110cf2626cf?fbclid=IwAR3ZFpye7ls7gn0c31LcFLY0NDBrwVoNhOwfjougrrwce8MantHZIi8avEA

私も15年近く御縁をいただいている熊谷さんを応援しています。
それはただ御縁があるからではなく、彼の実績、人柄を知ってのことです。
今回、自民党が独自の候補を擁立したこともあり、この記事にあるように、国政政党の対決構図が持ち込まれています。

鴨川市長選もそうでしたが、もはや○○党vs○○党のような構図は地方政治においては時代遅れです。元々自民党が強い基盤を誇っている鴨川市ですら、先週の市長選では自民党推薦候補が敗れました。
なので、比較的無党派層も多く、人口の多い県北地域を抱える千葉県知事選では、その傾向が顕著になるのは明らかです。

そんな中で、熊谷陣営はまたもやネガティブキャンペーンにさらされています。
でも、私はむしろ、ネガティブキャンペーンにさらされる方を応援したい。
それは、ネガティブキャンペーンを使わなければ、もはや自陣営が勝てない、自陣営には能力がない、ということを暗に示してしまっているからです。
熊谷陣営にはネガティブキャンペーンを相手にすることなく、最後まで正々堂々と戦い抜いてほしいと思います。


一つエピソードを紹介しましょう。

以前、Facebookにも投稿しましたが、前市長の汚職事件による退任を受けて当時千葉市議だった熊谷さんは元々民主党の応援を受けた方でした。

当時民主党に追い風が吹いていたこともあり、また、多くの市民の支援も受け、見事に当選されるわけですが、ここで彼は前市長の右腕である副市長をそのまま留任させるという驚きの人事を行います。他の改革派市長のように議会や市職員との激しい対立構図が生まれるのではないか、そんなことを思っていたであろう自民党会派が多数を占める千葉市議会は、熊谷市長という当時弱冠30代に入ったばかりの新進気鋭の、民主党の応援を受けた新市長との対決姿勢で当初は臨もうとしていたのでしょうが、この人事により、熊谷市長は闇雲に議会とは対立しない、是々非々でやるんだ、という姿勢を見せ、議会も荒れることなくまとまっていったと聞きます。

そして、彼が2期目の市長選に臨んだ時、とある場で、私ははっきりと目の前で見ました。いまは亡き、自民党の大物政治家でもあった江口一雄さんが次の市長選での熊谷さん支持を大勢の前で表明したのです。結果、彼は2期目には、市民票に加え、保守票も取り込み、圧勝します。この時点で、彼はもう特定の政党の支援は受けない無所属候補だったはずです。

現在の3期目の市長選もまた、盤石の勝利でした。(おそらく千葉市長選では過去最多得票だったかと)


この彼の行動を見てもわかるように、彼は1期目当選後から無党派、無所属、あくまで地方政治において大切な中立の立場を貫いています。
是は是、非は非の、あくまで個別の政策をしっかり見つめた市政運営を行ってきているはずです。

先日うちのおやじにすら言われました。
「熊谷さんは結局立憲民主党なんだろ?」
いやいや、もう、いまさらなにを言っているの? どこで吹き込まれたの?って家族ながらあきれました。

というのも、千葉県の神社界は、神道政治連盟という団体の方針もあり、自民党の推薦を受けている候補を支援しています。
全県の神社の境内に、その候補者のポスターが貼られているのを多く見るのはそのためです。
神社界はそもそも政治に関わるべきではない。
もっと大切な「政」(まつりごと)をしっかり執り行い、あくまで中庸、公正中立な立場で世の中と関わるべきです。
氏子にはさまざまな政治信条をもっている人がいるのですから、神職が特定の政党を支持するなんて、もってのほかです。
はっきり言いますが、私は以前より神道政治連盟なんて、こんな時代遅れな組織は解散すべき、と思っています。

もはや、○○党が推薦しているから、○○団体が支持しているから、とか、時代遅れなのです。
こんな選挙戦をやっている限り、特に日本の地方行政・政治は絶対に良くなりません。
政策には目が行かず、○○党だから、○○に言われたから、とかそういう視点で投票していたら、それこそ、思考停止状態だと思います。

私は熊谷さんを応援していますが、別に他の人になにがなんでも熊谷さんに入れてくれ、とは言いません。
他の候補に投票するのももちろんそれぞれの自由だし、大切なのは、それぞれの政策、主張をしっかり聞いた上で選んでほしいということです。

ちなみに熊谷さんは神社も大切にする方だし、そもそも親戚筋か近しい知己に神職もいたと思います。
また、熊谷陣営が述べているように、自民党の議員の中にも、組織に縛られず、熊谷さんを応援している人たちもたくさんいます。

千葉県知事選の投票日まで残り約1週間。
それぞれの候補者や支援者には、他の候補者を蔑むことなく、互いにリスペクトをもって、前向きな、ポジティブな未来志向の政策議論を期待したいところです。
その上で、有権者が正当に1票の権利を行使する。
そんな知事選になるならば、千葉県の未来はきっと明るいと信じます。


[WALK:-]


コラム ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/6733クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20210313/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2021 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記