なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2020/09/29] まつりごと /

令和2/皇紀2680年8月13日 友引 | 2020/10/04 18:31 更新
午前中、久々に行われた、海辺のまちづくりの委員会に出席。
夜は商工会理事会に出席し、その後、有志メンバーで一杯。
明日から長野視察ではあるが、結局、飲んでしまった。
なんと向こう見ずな私であろうか。

多くは語るまい。

しかし、海辺のまちづくり、商工会理事会後の一杯で、私は故郷の先行きを考えてしまった。
来春、千葉県知事選が行われるが、鴨川市でも市長選が行われる。
すでに報道されている通り、現職に加え、前職も立候補を表明し、まさに新旧対決の様相を見せている。
昨年の県議選、さらにその前の数々の選挙で感じているが、本当に田舎の選挙は難しい。
たいていの場合、その後、禍根を残すことが多い。
だから、私は立場的にも、正直選挙はあまり好きではない。

普段、地元を良くしたいと思っている人同士、時には友人、親戚同士が敵味方に分かれて選挙戦を戦うことになる。
政策論争に終始するのであれば良いが、正直、そうならないことの方が多い。
田舎の場合、どちらも保守系のため、政策は実は似たりよったり。
あとはどちらがどれだけ関係者をまとめられているか、人間関係が間違いなく物を言う。

私自身、まつりごとはもっともっと純粋であってほしいと思う。
選挙は民主主義にはなくてはならない手法だという考えもあるが、日本には私は選挙という手法はなじまないと思う。(誤解を恐れずに言えば、私は「民主主義」についても懐疑的である)
和を以て貴しとなす。
かつての日本では選挙をせずとも、最後は全会一致によって、自分たちの代表者を選んでいたように思う。

まちづくりを語る際、いつも述べていることだが、結局のところ、だれ一人として故郷を悪くしたいと思う人間はいないのだ。
まちづくりにおいて、最終的にはみなが力をあわせ、心をひとつにして取り組むべきだ。
そこで大切なのは相互理解、リスペクトだ。
それなくして、まちづくりはできない。

選挙が近づく度に、自分はそんな気持ちになる。


[WALK:8382]


街づくり コラム ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/6568クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20200929/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2020 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記