なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2020/09/30] 長野視察 1日目 /

令和2/皇紀2680年8月14日 先負 | 2020/10/04 17:59 更新
iPhone 7 3.99 mm ISO20 1/2398 sec f/1.8 >MAP
iPhone 7 3.99 mm ISO80 1/7 sec f/1.8 >MAP
iPhone 7 3.99 mm ISO32 1/30 sec f/1.8 >MAP
iPhone 7 3.99 mm ISO20 1/275 sec f/1.8 >MAP
iPhone 7 3.99 mm ISO20 1/1088 sec f/1.8 >MAP
iPhone 7 3.99 mm ISO40 1/24 sec f/1.8 >MAP
iPhone 7 3.99 mm ISO40 1/20 sec f/1.8 >MAP
iPhone 7 3.99 mm ISO40 1/15 sec f/1.8 >MAP
iPhone 7 3.99 mm ISO40 1/120 sec f/1.8 >MAP

今日からウェルスポのメンバーで2泊3日の長野視察。
盛りだくさんのまさに弾丸視察だ。

朝7時に天津を出発し、途中メンバーを拾いながら、一路長野方面へ。
アクアラインから山手トンネル、外環道、関越道、上信越道を経由して、約5時間ほどで小布施ハイウェイオアシスまで到達した。ここでランチ休憩。
ランチを取り終えると、スポーツコミュニティーセンターという施設が敷地内にできていて、さっそく立ち寄ってみる。
半円形の奇抜なかたちをしている建物なのだが、これって、前は美術館かなにかだったような……。
1階にはカフェが入り、2階にはなんとボルタリングスタジオができているではないか。
予定にはなかったが、さっそく体験視察。
ビジターは30分で600円。さらにシューズ代300円。1,000円足らずで体験できる。
ボルタリングの料金としては安く、手軽に体験することができる。

施設の方の話しを聞いたところ、やはり以前、この建物は美術館だったが、採算があわず、やめることになり、施設の利活用として指定管理制度へ移行した。
そこで、手をあげた1団体が地元で酒蔵を営む、現オーナーだった。
プレゼンコンペにおいて、当時は長野でもまだ少なかったボルタリングを提案。
民間人も入った選考委員に評価を得て、晴れてボルタリング施設が完成した。
現在、なんと会員は6,000人。施設も6年が経過したという。
長野県の北信地方にはこの施設を含めて3施設があるらしいが、子供用の小さいシューズも置いて子供対応できているのはこの施設で、親子連れなどの利用もあるという。

コース監修は開設時に携わったボルダリングのコーチ(選手)がいまでも関わってくれているようである。
立ち寄ったサービスエリアでまさかのボルダリングとの邂逅。


続いて、我々は飯山市を目指す。
ここもアウトドアツーリズムの先進地。
新潟県と長野県にまたがる9つの自治体が連携して、地域DMOを立ち上げ、アウトドアツーリズムを展開している。
北陸新幹線が開業し、見違えるほど立派な駅舎となった飯山駅には観光局(DMO)のステーションが入り、おしゃれな雰囲気で、ここから観光客はツアーを予約したりして、地域に繰り出していく。
レンタサイクルの乗り捨てネットワークも自治体をまたいで確立されている。
なぜ長野にできて、南房総ではできないのだろうか。

同局では指定管理も受けているようで、現在、施設管理部門で約90人、アウトドアツーリズムの展開で約10人、計100人の雇用を生み出している。
地元民と移住者の比率は約1:1。
地元とヨソモノが融合した理想的な雇用形態が形成されている。


1日目、もうこの時点でおなかいっぱいであるが、我々の視察はまだまだ続く。
場所を長野市に移して、長野県でアスレティックトレーナーの知見と経験を活かしながら、ウェルネスなまちづくりに取り組んでいる関さんのお話を伺う。
前半は関さんが関わられている整形外科クリニックの施設を見学。
医療・リハビリとその後のケア、エクササイズが融合した施設となっている。

その後、関さんの事務所で、同氏が取り組んできた事例のレクチャーを受ける。
まさにスポーツとウェルネス、そして、教育まで巻き込んだまちづくり。
それを長野県全域に広げて活躍されている。
実はウェルネスポーツ鴨川、鴨川市でもこれから目指そうとしている方向としても合致する。

関さんは元々国際武道大学に在籍し、亀田メディカルセンターや勝浦整形外科にも在職したことがある、南房総、鴨川の縁者でもある。
氏曰く「結局は人の御縁、タイミングです」

いやー、いままさにこの御縁、タイミングが巡ってきているではないか!
物事が進んでいく時は得てしてこういった出会いが多い。
未来を考えたら1日目からワクワク満載な視察となった。


関さんの事務所をあとにすると、長野市から1時間ほどかけて白馬村へ移動。
この2泊お世話になる樅の木ホテルへ。
1998年長野冬季五輪の選手村にもなった場所である。
夜11時前にチェックイン。

心は燃え上がったけど、体はさすがにクタクタだった。笑


[WALK:10414]



街づくり 旅行 ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/6566クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20200930/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2020 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記