なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2020/09/17] 菅内閣に思う /

令和2/皇紀2680年8月1日 友引 | 2020/09/17 20:59 更新
DSC-W1 7.90 mm ISO100 1/5 sec f/5.6
安倍晋三総理が持病の再発・悪化により、歴代最長の在任期間を誇りながら、任期満了を前にして退任し、国会議員・地方ともに圧倒的な票を集め自民党総裁に選ばれた菅義偉内閣が新たに誕生した。
安倍さんと比べるといわゆる“華”はないかもしれないが、閣僚人事を見ると、なんとも堅実な、というか、無難な印象を受ける。平均年齢が高い、女性が少ないという批判もあるが、安倍内閣の時は必ず数名「なぜこの人が!?」というミスチョイスがあり、結局舌禍などによって去っていくということがあった。
しかし、今回の閣僚はそういう人はあまりいなそうな気がする。

菅内閣を見て思うのは、小渕恵三内閣に似ているのではないか、という点である。
小渕内閣は橋本龍太郎内閣からバトンタッチされて生まれた内閣であるが、橋本氏が強烈な個性を放っていただけに、小渕さんはどちらかというとやはり“華”のないキャラクターで当初はそんなに支持率は高くなかったと記憶しているが、堅実な仕事ぶりとじわりじわりと現れてきた成果に支持率が上がっていった。

小渕さんと言えば、時の官房長官として「平成」の年号を掲げた「平成おじさん」としても知られる。その意味では菅さんも「令和おじさん」と共通項がある。

私は政治家は人気ではなく、最後は世のため人のためにどんな仕事を残せるか、だと思う。
確かに女性閣僚の少なさ、平均年齢の高さは問題だとも思う。
ただ、それ以上にしっかりと仕事をしていただければ国民は文句は言えないだろう。
なので、ワクワク感はあまりないけれど、今回の内閣には安定感・安心感のようなものを感ずる。
目下新型コロナウイルス禍によって人々が不安な中で、いま必要なのは「安定」「安心」なのかもしれない。

ただ、小渕さんは最後突如病に倒れ、在任中に死去してしまった。
菅さんも体調だけは十分に注意してほしい。
それだけ一国を背負うというのは、だれにもわからない重圧、重責があるのだと思う。

歴代総理・内閣
https://www.kantei.go.jp/jp/rekidainaikaku/index.html


[WALK:3181]


コラム ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/6558クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20200917/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2020 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記