なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2020/09/06] 悔しい敗戦からゾンネは強くなれる。 /

令和2/皇紀2680年7月19日 先勝 | 2020/09/10 16:31 更新
みんな最後まで体を張って戦った!
PENTAX K-70 135.00 mm ISO800 1/1000 sec f/5.6

レーヴェ戦前のミーティング
iPhone 7 3.99 mm ISO40 1/20 sec f/1.8
>MAP
耕運機大作戦!
iPhone 7 3.99 mm ISO20 1/921 sec f/1.8
>MAP
7月の男子関東大会に続いて、今日は女子ビーチサッカーの公式戦を初めて鴨川で開催した記念すべき日である。
昨年では全く想像だにしなかったこと。令徳高校がビーチコートをつくってくれたおかげで、大会、合宿が続々実現しはじめている。コロナ禍ですら、この状況なのだから、コロナを乗り越えた後は間違いなくビーチスポーツのメッカになるはずだ。

朝6時半に会場に入り、最終準備を進める。
天気も晴れ。この後、時折スコール性の雨が降っては、また晴れてのまるで熱帯のような天気の一日となったが、おかげで熱中症も出ることなく、無事大会を進めることができた。

さらに今日はゾンネの月曜練習会に参加しているメンバーや、ウェルスポのメンバーが運営スタッフとして入ってくれ、万全の体制で大会運営もできた。
本当に感謝、感謝である。
まさにゾンネファミリーで戦った一日だった。


ゾンネはまず第1試合で、今回も台風の目になりつつある神奈川大学女子サッカー部と戦った。
昨年の沖縄ではコテンパンにやられた相手。
ビーチサッカークラブとして、意地でも勝ちたい相手。
我々は入念に準備をして臨んだ。

そして、その準備と戦術がドハマリすることになる。
第1ピリオドは神奈川大学をほぼ完全に抑えきり、0−0で終える。
第2ピリオド、堅守がついにゾンネのゴールへと結びつく。
ハーフウェーからのフリーキックをSUZUが低いシュートでしっかり決めて先制!
ベンチも盛り上がる。

第2ピリオド、さらにゴレイロからのフィードをTamさんが得意のヘッドで合わせて追加点。
2−0リードで最終の第3ピリオドへ。

第3ピリオド、相手から奪ったボールを受けたヒラが落ち着いてシュートし、さらに点差を広げる。
攻撃力とスピードのある神奈川大学だけに、まだまだ油断はできないが、結局終盤1点を返されたものの、そのままリードを守りきり、3−1で勝利!!!
神奈川大学から価値ある勝点3をあげた。

勝利の嬉しさとともに、なぜかホッとする私であった。


2試合空けて、本日日程の第4試合で、前半戦最後の試合となる、あのレーヴェ横浜との対戦。
そのままの勢いで行きたかったが……。

第1ピリオド、相手の戦術にはまってしまい、なんとまさかの4失点。
第2ピリオド以降立て直し、猛攻を見せるも、なかなか点差は縮まらない。
また、焦りからのミスで、失点をしてしまい、第3ピリオド一時2点差まで詰めるも、終わってみれば3−6の敗戦。

選手たちも、スタッフたちも、一様に悔しい表情を隠せなかった。
私も久々にここまで悔しい思いをした。


第2ラウンドは1勝1敗。
レーヴェ、神奈川大学、ゾンネが3勝0分1敗の勝点9で並んだものの、直接対決と得失点差により、ゾンネは3位で第2ラウンドを折り返すことになった。

全国で初めて開催されている地域女子ビーチサッカーリーグ「2020関東女子ビーチサッカーリーグ」は早くも混戦の様相を呈してきている。


大会の片付けを終え、帰宅すると、カラダは疲労困憊であったが、ココロは興奮冷めやまぬ状態で、初めて夜遅くまでじっくりとビデオを何度も何度も見返した。
一昨年からだれもいない中でクラブ代表兼監督を務めてきたけど、お恥ずかしながら、ここまでビデオをしっかりと振り返ったのは初めてのことだ。

ビデオを見て、ゾンネの課題を一つ一つメモしていった。
サッカーの素人も素人の私が果たして監督が務めるのか。
ずっとそんな疑問と、自信のない中でやってきたけど、最近、練習メニューを考え、現場もホイッスルを握りながら仕切るようになり、コーチたちと作戦を考えるようになり……。開き直って監督を務めている自分がいる。

勝利した後にチームをまとめることは難しいことではないだろう。
しかし、肝心なのは敗戦の後。
そこでチームが分解するのか、より結束するのか。
そこがチームの真価が問われる時であり、そこで次なる勝利へ結束できれば、チームは絶対に強くなると思う。

ゾンネの選手たちはみな自分のせいにした。決して、他のスタッフのせいにも、他の選手のせいにもしていなかった。みな自分と見つめ合い、まずは自分の改善点を見出していた。
そして、口々に次は絶対に勝利する。そのために、できる限りの準備をする、と言った。
そこに今年のゾンネの真価を見た。

このチームはこの詳しい敗戦から、さらに強くなる、そのことを確信した。

27日、第3ラウンド。
相手は今日と同じ、レーヴェ横浜、神奈川大学女子サッカー部である。
初代チャンピオンを勝ち取るには絶対に負けられない2試合。
この2試合に勝ちきれば、ゾンネの優勝もぐっと近づく。
まさに今年度リーグの天王山。

ゾンネは敗戦を糧に、これから3週間、しっかり準備をして、27日は横浜で必ずリベンジを果たすことになるだろう。
なにがあっても正々堂々と前進する。それが我らがゾンネである。


[WALK:20910]


ビーチサッカー ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/6550クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20200906/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2020 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記