なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2020/09/08] 住民参加 /

令和2/皇紀2680年7月21日 先負 | 2020/09/10 15:53 更新
フィッシャリーナ後背地に3月完成した魅力体験広場・ホワイトサンドコート。周りの植栽も定着きた模様。
iPhone 7 3.99 mm ISO25 1/5319 sec f/1.8
>MAP
午前中、城西国際大学の学生さんたちが教授と文化体育館を訪れて、今年度、道の駅・鴨川オーシャンパークを拠点に企画しているサイクルツアーについて打ち合わせる。
e-bikeを活用して、周辺地域をめぐるツアーを考えているようだ。
気温も暑かったが、内容もアツいものだった。
学生たちの熱気をビシビシ感じながら、私も大いに刺激をもらった。

e-bikeを活用するには、まずは自分たちがe-bikeをしっかり体験することだ。
でないと、説得力のある提案はできない。
次回は実走しようと私からは提案した。

そして、最も大切なことは、シクロツーリズムしまなみでも語っていた「住民参加」だ。
一発のモニターツアーで終わらせるのであれば、別に良いかもしれないが、今後持続可能な継続的な取り組みとして、最終的にはツアー商品化に結びつけていくのであれば、やはり地元住民が当事者となり、主役となることである。
なので、本プロジェクトにおいても地元住民を、いかに巻き込めるか、単なるモニターツアーのサービス享受者ではなく、提供者側になっていけるか、そこをしっかりやろうというお話をさせていただいた。


午後はフィッシャリーナ後背地にできた魅力体験広場のホワイトサンドコートにおいて、観光課職員と現場打合せ。
今週末令徳ビーチコートに男子ビーチサッカーチームが合宿に来てくれることになったのだが、一部練習をホワイトサンドコートにおいて行なうことにもなり、モニター実証ということで利用を許可いただいた。

令徳ビーチコートができたことで、確実に流れは変わっている。
大会・合宿誘致もこれから盛んになっていくことだろう。
地域消費も生まれることになる。

鴨川から新たなビーチ文化を創りたい。
その夢の実現に向けて、まだ一歩を踏み出したに過ぎないが、しかし、それはまた大きな一歩でもあると思う。


[WALK:7033]



街づくり ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/6547クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20200908/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2020 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記