なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2020/08/19] 絞り込めっ! /

令和2/皇紀2680年7月1日 先勝 | 2020/08/21 07:18 更新
総合運動施設の将来像、また、近い将来の指定管理移行など民間事業者の参入などを目下検討しているわけであるが、午後、JSTAのご縁で、実際に千葉県内で遊休施設の利活用を展開されている大手グループ企業と意見交換を行った。いわゆる「サウンディング」である。

1時間半くらいロビーでお話しした後、総合運動施設以外に市内にある遊休施設の一つを見ていただいた。

その方はとても腰が低く、物腰も柔らかだったが、しかし、時折かなり鋭い指摘を忌憚なくしてくれた。これは私にとっても大きな学びであった。

こちらからいろいろなアイディアをぶつけてみたのだが、氏曰く、鴨川にポテンシャルがあるのは理解できた。ただ、あとはもっと絞り込んだ方が良い。尖ったものはなにか!? 欲張らず、詰め込みすぎず、まずはなにで行くのか、明確にした方が良い。そんなお話しをされた。
これには自分もドキッとした。

いまウェルネスツーリズムやスポーツツーリズム、あるいはメニュー・プログラムというものをまとめているところなのだが、もっともっとカラーを出していかないと、もっともっと絞り込んでいかないと、結局のところ、なにがなんだか、なにが「鴨川」なのか、わからなくなってしまう。
取捨選択には勇気がいる。しかし、取捨選択しなければ、結局地域をしっかり伝えることはできないのだ、と改めて認識した。

帰り際、その方がおっしゃったことば。
我々は遊休施設をなにがなんでも利用させてください、ってスタンスじゃないんです。
結局、行政や地域の熱量なんです。情熱があるところと一緒にやりましょう、という考えです。
これには全くの同感。
地域振興の主体は外部のコンサルでも、企業でもない。
地元そのものだ。地元住民、事業を公的に推進する行政側に熱量がなければ、全く意味をなさない。絵に描いた餅で終わる。
そんな事業を私もずっと見てきた。

まずは自分たち。自分たち地元がどれだけの熱量で臨めるのか。
それを問われた一日だった。


[WALK:7396]


街づくり ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/6529クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20200819/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2020 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記