なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2019/12/29] YADO OMIYA が!? /

令和元/皇紀2679年12月4日 先負 | 2019/12/31 11:06 更新
巨大な必ず絵馬
iPhone 7 3.99 mm ISO20 1/532 sec f/1.8
>MAP
古札をお焚き上げ
iPhone 7 3.99 mm ISO20 1/431 sec f/1.8
>MAP
露天商の準備も進む
iPhone 7 3.99 mm ISO20 1/863 sec f/1.8
>MAP
とりあえず、香を焚いてみた。笑
iPhone 7 3.99 mm ISO20 1/275 sec f/1.8
>MAP
8月に簡易宿所(年間民宿)としての営業許可が下り、まだまだ認知度が低い中、一部のネットエージェント(主に外国人向けサイト)に出して細々営業をしてきている「YADO OMIYA」であるが、年末年始を前ににわかに予約が連続して入ってきた。
現在3部屋受付の同施設であるが、今日は大晦日のチェックインで2部屋の予約が入った。
内、1部屋はおそらく外国人のグループ。

どこの宿もそうだろうが、やはりこうした繁忙期には「YADO OMIYA」と言えども、予約が入ってくるのだろうか。

うちの神社では私が幼い頃より、夏季民宿「お宮」を営んできた。
それこそ、房総に海水浴で多くの人たちが訪れていた頃は、民宿は連日満室で、家族や神社職員もてんてこ舞いだったことをいまでも良く覚えている。
いつしかそんなお客さんたちも退いてしまい、1シーズンに1組か2組の顔なじみのお客さんが泊まる程度になってしまっていたが、ここ数年、年々消防法も厳しくなり、いよいよ大規模な消防設備を導入しなければ営業継続が許されない状況になっていた。
事実上、そんな投資は難しく、夏季民宿「お宮」は廃業を決めざるを得なかった。

しかしながら、神社にも宿泊機能は必要だし、今後インバウンドを考えても“宿坊”の需要は高まると思う。そんな中、長年、ほぼなににも使われていなかった研修棟(参籠殿)をリノベーションして、宿泊施設として生まれ変わらせようということを思いついた。
当初は民泊を考えていたが、民泊に課せられる180日の営業日制限や、申請の手間などを考えると、旅館業法の中で簡易宿所(年間民宿)として正々堂々と申請した方が結果的には良いという結論に達し、昨年から整備、申請を行うことにしたわけである。

営業許可は受けたは良いものの、この秋度重なる台風・豪雨の被災によって、なかなか営業を思うように展開することはできず、ウェルスポにも出勤していることもあって、滞ってしまっているというのが現況ではあるが、来年はオリンピック・パラリンピックの年でもあり、ますます増加するであろう外国人観光客を念頭に置きつつ、神社というロケーションも活かして、道を切り開いていきたいと思う。


[WALK:-]



神道・神社 ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/6295クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20191229/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2020 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記