なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2018/03/16] 卒業式 /

皇紀2678年1月29日 大安 | 2018/03/18 20:29 更新
いよいよ卒業

オルカからも祝電が!

写真撮影大会!

おめでとう☆

涙雨が時折降る中、今日は長男・はっちゃんの卒業式。

その前に、まずはPTA会長として天津幼稚園の卒園式にも出席させていただいた。昨年、次男・ミッキーが卒園し、修了証書授与の時、子どもから一言もらって親が修了証書を受け渡されるのだが、「たまに、迎えに来てくれて、ありがとう」というビミョーな御礼のことばをもらって修了証書をもらったのを思い出してしまった。笑

さて、小学校の卒業式は体育館にて午前10時10分より挙行された。
ここでは来賓を代表して、PTA会長である私も祝辞を贈った。
珍しく昨夜、時間をかけて、あらすじは考えて、それを柱に肉付けしながらの挨拶をした。のっけから、校歌の歌い出しである「青海原の水清く…」というフレーズから挨拶をはじめ、みんな「なんだ!?なんだ!?」といった反応だったが、校歌をテーマに5〜6分ほどだろうか、お話しさせていただいた。

小学校時代は6年と実に長い。
中学、高校と3年ずつにはなるが、実際にはもっともっと時間の感じ方は早まっていく。
ましてや今の我々の年齢になれば、1年などあっという間だ。
それだけに小学校時代の記憶、学んだことは確実に人生の基礎中の基礎になると思う。

来年3月で天津小学校は閉校され、小湊小学校と統合され、新制小学校が誕生することになるが、天津っ子の誇りを胸に、その魂を後世にも伝えていってほしいと思う。

卒業式の後、校庭では在校生、教職員、保護者全員で花道をつくっての送り出し。
はっちゃんもいよいよ中学生である。
なんか、考えるだけで、感慨深い。

お昼を食べ、一旦帰宅。

夕方からは「えのもと」さんにて謝恩会。
子どもたち、保護者が集まり、食事をしながら、いろいろと話しをした。
我々の頃より人数が少ないこともあってか、子どもたちは本当に仲が良い。2時間半ばかりの会であったが、子どもたちの元気な声が会場にずっと響き渡っていた。

ご卒業おめでとう☆

↓以下、祝辞を記しておきます。もしよろしければ…(笑)

「青海原の 水清く 洋々果てなし 太平洋」
 卒業生のみなさん みなさんは今日 この天津小学校から 未来への扉を開き はばたいていきます。
 みんなの姿を見ていると 満ちふあれる喜び ますます明るい輝きを感じます。

「清澄山の 雲高く 輝く光 緑ににおう」
 きっとこれから 楽しいことも 時には苦しいことも たくさんあります。
 でも どんなことがあっても その透きとおった瞳を大切に持ち続け たくましく 突き進んでほしいと思います。

「海にふき立つ 積雲の みなぎる力 いま呼ばん」
 夢と希望を 大切にしてください。どんなに苦しいことがあっても 夢と希望があれば がんばれます。夢と希望は 生きる力の源です。


 ここで私のことをお話しします。と言っても オペラ歌手のお話しではありません。今日は私の祖父 おじいさんのお話しです。
 私の祖父は 安房東中学校の前の 天津中学校の教師を務めていました。そして 天津中学校の校歌を作詞しました。
 今から二十年ほど前 祖父が亡くなる直前 私は祖父に尋ねたことがあります。
「天津中学校の校歌にどんな思いを込めたの?」
 実は当時 祖父は結核という 当時は特効薬もなく 命を奪われる人も多かった 重い病気にかかり 千葉の病院に入院していました。天津中学校の校歌は 病院のベッドの上で 作詞されたのだと思います。戦争が終わったばかりで まだ日本は厳しい時代です。祖父も重い病気にかかっている。そんな中 祖父はおそらく 未来を開いていってくれる 天津の宝物の子どもたちに 希望を託したのだと思います。熱い思いを込めて 一言一言 大切に作詞したそうです。
 天津小の校歌にも 間違いなく そういう思いが込められています。
 もしかすると これまで校歌を 集会などで しょうがなく歌っていたみんなもいるかもしれません。天津小の校歌の歌詞はちょっとむずかしいので 歌詞の意味がよくわからないよ という子もいるかもしれません。
 でも これから成長し 大人になっていった時 間違いなく 天津小校歌を思い出し 思わず口ずさみ そして 力をもらえる時が来ます。
 なぜなら 校歌には 天津小の歴史を作ってきた人たちの命 熱い思いが宿っているからです。私たち天津っ子の生き方が 校歌には全て記されているのです。今日 みんなも その歴史をつくった一人となりました。
 一緒に このすばらしい天津小の歴史をつくってくれて 本当にありがとう。

 天津小校歌を ここ天津小学校の校歌として歌うことができるのは あと一年です。今日は この後 校歌を歌うと思いますが ぜひ ご来賓のみなさんも 保護者のみなさんも 一緒に いつもよりさらに 力いっぱい 心をこめて 歌いましょう。
 五年生をはじめ 在校生のみなさんは 六年生の思いを胸に がんばりましょう。先日 六年生を送る会で 各学年の出し物を見て 私はビックリしました。私もイベントやオルカの試合の企画を考えたりしますが みなさんはプロ顔負けの企画をしていました。きっと六年生も よし!天津小をみんなに託すことができる!と思ったはずです。このすばらしい天津小の歴史をつくりましょう。みなさん がんばりましょう!

 みなさん一人一人は わたしたちお父さん お母さん おじいさん おばあさん そしてここにいるご来賓の方々 地域のみんなにとって かけがえのない一番です。
 先生方 そんな一番の子どもたちを すばらしく教え 導いてくださり 本当に ありがとうございました。私は子どもの頃 決していい子ではなかったと思います。先生をたくさん困らせたりしました。でも 今言えるのは 私はすばらしい先生方に恵まれたなあ ということです。今日 校長先生の涙を見て 自分の子どもたちも 本当にすばらしい先生方に恵まれたことを確信しました。本当にありがとうございました。
 輝きあふれる 一番のお子さんの門出に立ち会っておられる 保護者のみなさん ただひたすら子どもたちのために 幼い頃から一生懸命に大切に育てて来られたことと思います。そして こんな拙いPTA会長にも関わらず PTA活動にも 多大な御協力をくださったことに 厚く厚く敬意を表します。ありがとうございました。そして 本日はおめでとうございます。


 最後に 卒業生のみなさん。みなさんは 私たち天津の誇りです。これからもっともっと大きく 立派になって 日本の一番 いや 世界の一番として 天津の未来を築いていってください。

「学べよ天津 進めよ天津 栄えよ天津 我らが母校」
 ご卒業 おめでとう!



天津小学校校歌

一 青海原の    水清く
  洋々果てなし  太平洋
  あふれる喜び  明朗常に
  明日あり未来は 我らに開く
  学べよ天津   我らが母校

二 清澄山の    雲高く
  輝く光     緑ににおう
  すがしき瞳   剛健胸に
  声ありりりしく 我らに鍛う
  進めよ天津   我らが母校

三 海にふき立つ  積雲の
  みなぎる力   いま呼ばん
  希望は若し   まことを磨く
  幸あり産土   我らは励む
  栄えよ天津   我らが母校



[WALK:2838]


子育て 人生行路 ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/5642クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20180316/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2018 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記