なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2017/03/05] 続けること /

皇紀2677年2月7日 友引 | 2017/03/07 00:12 更新
商品とともに寄せられた感謝の手紙
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO100 1/15 sec f/2.2
>MAP
私の伯父・伯母は6年前の東日本大震災発災をきっかけに、その被災地復興支援として、自費で現地の特産品を買い、送料も負担し、商品に利益を乗せることなく、復興支援コーナーとして神社の境内でおついたち市や自由広場、時にはオルカのホームゲームで販売してきた。
御嶽山が噴火後は木曽町の特産品を、熊本地震が発災後は益城町の特産品などを加えて販売してきている。

先日、仙台の今野醸造さんから写真の手紙と商品が送られてきた。
商品はかなり大量だ。
もちろんそんな見返りを求めてやってきたわけではない。
支援したいという純粋な気持ちでただひたすら続けてきた活動である。
そこで結ばれた心がこのように一つのかたちとなったのだと思う。

続けることって一番難しい。
東日本大震災もしかり、御嶽山の噴火、熊本地震など、ニュースも少なくなり、時間の経過とともに風化していく。
しかし、昨年末熊本を訪問して現実を突きつけられたように、被災地はまだまだ途方もない長い復興への道のりの中途である。
大切なのは続けること、心を寄せ続けること。

復興支援コーナーは4月のおついたち市で一旦結びとなる。
しかし、今後もなんらかのかたちで伯父・伯母は支援活動を続けていくそうだ。


さて、今日、鴨川市は大きな日を迎えた。
2期ぶりに実施された鴨川市長選挙の投票。
現職の長谷川孝夫氏、新人で県議を務めていた亀田郁夫氏の保守系2人がガチンコで対決するという状況。
こういった田舎の選挙はみなだいたい両方の候補者とご縁があったりするので、なかなかに複雑である。
今回ほど、市民がみな投票先に苦心した選挙も少なかったのではないだろうか。

結果はわずか900票足らずの差の大激戦を制した亀田郁夫氏が当選。新市長が誕生した。
票数はほぼイーブン。すなわち、まさに市を二分する選挙になった。
新市長のまず最初の仕事は選挙後は「ノーサイド」
鴨川を一つにし、より良い故郷を築くために市民みんながタッグを組んで歩み始める、その道筋をつくっていくことだと思う。

まちづくりの講演でよくお話しさせていただくことだが、手法はみな違えども、故郷を思う心はみな一緒。
鴨川をみな良くしたいと思っているはずである。
それを共通項として、みなで共有し、前に進んでいきたい。

自分もこれまで以上にさらに故郷のために働くつもりだ。


[WALK:-]



街づくり 復興への道 神道・神社 ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/5265クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20170305/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2018 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記