なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2018/06/28] 決勝トーナメント進出は決めたけれど… /

皇紀2678年5月15日 先勝 | 2018/06/29 11:50 更新
夜、現在1勝1分の勝点4で1位に立っている日本代表の決勝トーナメント進出をかけた運命の最終節(第3節)が行われた。
相手はグループの中でFIFAランキング最上位の8位・ポーランド。
日本は勝利か引き分けで進出決定。負けた場合は同時刻行われるセネガルvsコロンビアの結果如何になる。
実は決勝トーナメント、強豪国が片方の山に固まっていることがあり、日本としては1位通過してもう片方の山に入りたいところ。

この試合、日本はメンバーから大胆な選択をとる。
なんと第1戦・第2戦の先発メンバーを6人変えてきたのだ。
チームの調子が良い時はメンバーをいじらないというのがサッカーの鉄則ではあるが、おそらく決勝トーナメント以降の戦いを考え、選手の疲労度などを考慮し、西野監督としては大博打に出たのだと思う。

日本時間23時にキックオフ。
前半は予想よりもアグレッシブに来ないポーランドを相手に、日本がペースを握る時間帯が続く。
ポーランドのDFはボールロストなども多く、日本に何度もチャンスが訪れるが、決めきることができない。正直、ポーランドのスローペースにあわせて、シュートすれば良いところを日本もボールをコネコネしちゃったという感じ。
他方ポーランドも決定機を何度か演出するが、ここまでミスで批判されてきたGK川島選手のスーパーセーブによりゴールを許さない。
前半はこのまま0−0で折り返す。

後半、おそらくポーランドは暑さで足が止まるだろう、と予想していたのだが、開始早々、岡崎選手が負傷で交代するというアクシデントが起こる。
日本が依然攻める時間帯が続くが、時折、ポーランドが鋭いカウンターを見せる。
そんな中、後半14分、試合が動く。中盤で与えたFKからポーランドに決められ、なんと先制されてしまう。日本の集中力が切れたような気がした。

この時点で、セネガルvsコロンビアは0−0なので、このまま行くと日本は敗退してしまう。
セネガル、コロンビアはそのまま引き分けを狙えば両チームとも決勝トーナメント進出となるのだが、引き分けは狙わず、コロンビアが後半29分CKから先制!
これで状況はガラリと変わり、このまま行った場合、日本は敗れるもセネガルと勝点4で並び、得失点差・総得点も同じであるが、警告数の違い(日本の方が少ない)によりフェアプレーポイントで日本が2位となり、決勝トーナメント進出が決まる。

ここで、情報が入ったのか、西野監督はさらなる博打に出る。
コロンビアがそのまま勝利することに賭けて、残りの時間でリスクを取らず、後方でパス回しをして時間を経過させる戦術をとったのである。
このシーン、実は今年別の試合で見たシーンだった。なでしこジャパンがW杯アジア予選で出場権を得るために、露骨な時間稼ぎ、パス回しを行ったのである。
この時も複雑な気持ちになったが、今日もまた複雑な気持ちでテレビを見つめていた。

試合はこのまま終了し、0−1で敗戦。
他会場も日本の目論見通り、コロンビアが1−0でセネガルを下し、結果、1位コロンビア、2位日本が決勝トーナメント進出。
セネガルは3位に転落し、4位ポーランドとともにグループリーグ敗退が決定した。

しかし、なんというか、もやもや感が残ったのは否めない。
ワールドカップという全世界が注目する夢の舞台で、露骨なパス回しで結果だけを求めるプレーが本当に良いのか。皮肉にもフェアプレーとは到底思えないプレーによって、フェアプレーポイントの違いで日本がセネガルを上回った。(おそらくこれが原因で順位付けのルール改正が行われるのではないだろうか)
案の定、世界中からも、そして国内からも日本代表の最後の10分について批判の声があがり、スタジアムは大ブーイングだった。
日本代表の戦いは第1戦、第2戦と絶賛され、ロシアでもファンが増えていたそうだが、この戦いによってその評価は180度逆になり、ファンも離れたに違いない。

そこまでのリスクを取ってまで、日本は決勝トーナメントに進出したかったということなのだろう。世界の勢力図から見れば弱小国の日本が決勝トーナメントに進出するためには批判覚悟でこういった戦術を取らざるを得なかったとも言えるだろう。

また、冷静に見た時、猛暑により後半はポーランドも足が止まっていたが、日本も足が止まっていた。今大会大活躍をしている乾選手も途中投入してはいたが、前半と比べて日本の得点の可能性は明らかに減っていたと思う。
さらに、仮に1−1に追いついたとしても、コロンビアがこのまま勝利しても2位のままで終わる。

それらをトータルに考えて、大批判覚悟のパス回しを選択したのだろう。

決勝トーナメント初戦の相手は今大会屈指の優勝候補で、グループリーグで実力を見せつけているベルギー(G組1位)である。
かなり厳しい戦いになると思うが、あえてこの戦術をとったのであれば、結果で世界に日本代表のサッカーを見せつけてほしい。
初のベスト8をかけた戦いは7月3日(火)未明、午前3時キックオフに行われる。


[WALK:925]


スポーツ コラム ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/5746クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20180628/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2018 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記