なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2018/03/28] 久米島の旅3日目 はての浜 /

皇紀2678年2月12日 先勝 | 2018/03/30 17:21 更新
“美しすぎる”ということばがピッタリ。なんだか別世界に来たみたい。
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/6623 sec f/2.2
>MAP
グラスボートで海を眺める子どもたち
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/40 sec f/2.2
>MAP
泳ぐぜ!イエイ!!
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/1364 sec f/2.2
>MAP
はての浜に着岸
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/3300 sec f/2.2
>MAP
6年ぶりにはての浜にも上陸
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/5650 sec f/2.2
>MAP
泳ぐ気満々だったが…?
SP-100EE 4.30 mm ISO125 1/640 sec f/8.4

はっちゃん、ミッキー
SP-100EE 4.30 mm ISO125 1/800 sec f/8.4

干潮で遠浅の浜
SP-100EE 4.30 mm ISO125 1/640 sec f/8.4

外海側の表情はちょっと違う。離岸流もあったり、急に深くなったり、と結構危険!遊泳は厳禁!!
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/3597 sec f/2.2
>MAP
はっちゃんもご満悦!
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/3968 sec f/2.2
>MAP
日本にこんな海があるなんて!
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/4950 sec f/2.2
>MAP
帰りの船が着岸
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/4950 sec f/2.2
>MAP
家族そろって
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/4950 sec f/2.2
>MAP
本当に美しい!はての浜
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/5650 sec f/2.2
>MAP
上江洲家旧家にて(6年前にも同じアングルで撮影。この時はまだいぶたんは産まれてない)
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/120 sec f/2.2
>MAP
男軍団
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/1099 sec f/2.2
>MAP
宇江城跡に登る
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/2198 sec f/2.2
>MAP
一の郭からは久米島を360度一望のパノラマを楽しめる
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/1721 sec f/2.2
>MAP
はての浜方向を眺める
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/1980 sec f/2.2
>MAP
バーデハウスのジェラート、これが美味!
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/356 sec f/2.2
>MAP
久米島に来たら、絶対に外せないのがはての浜。
久米島南東部、奥武島から沖合に突き出した砂洲部分で、砂浜からなる無人島である。
東洋一の透明度と言われ、6年前に訪れた際も感動した。

というわけで、今日は午前、はての浜上陸の半日ツアーに参加。
ホテルの近くにある泊フィッシャリーナよりグラスボートに乗り、遊覧しながら、はての浜を目指す。
港湾内を出ると海水の透明度は高くなり、サンゴ礁に魚たちが泳ぐ海の中を眺めることができる。
子どもたちも興味津々だった。

20分ほどではての浜に到着。
6年ぶりの上陸!

前回ははての浜を半周したが、今回はボートが着岸するあたりに設けられた遊泳エリアで泳ぐことにした。
3月下旬なので、さすがに水温は冷たく、最初は少々寒かったが、慣れてくるとむしろ海の中の方が暖かい。
それよりもとにかく海の透明度がすばらしい。
白い砂浜に青い空、そして、透明度の高い美しい海。
まさに琉球語の「美ら海」そのものがここにはある。
日本にもこんなところがあるんだ、と改めて感動!!

半日ツアーは1時間ほどの滞在のため、あっという間に癒やしの時間は過ぎてしまい、帰る時間に。
はての浜、白い砂浜ということもあり、紫外線が非常に強い。
したがって、日焼け止めは必須だし、サングラスもしないと目をやられてしまう。
また、トイレも仮設があるものの、ないに等しい状況。
いぶたんはまだ4歳ということもあり、半日ツアーがやっと。
みんながもっと大きくなったら、今度はシュノーケリングツアーにでも参加しようかな。

なお、真夏も人気のはての浜だが、特に小さな子ども連れの場合、真夏は絶対に避けた方が良い。
気温もさることながら、とにかく紫外線が強烈で、子どもは焼けすぎてしまうおそれがある。
逆に、いまから4月くらいがオススメの季節だと思う。(気温、水温ともに十分に泳げる)

はての浜から帰ると、一旦部屋で休憩。


午後は島内の史跡めぐり。

まずは上江洲家旧家を訪ねる。
係員の人がいないようで、ただ、拝観料が設定されていたので、受付らしき場所にお金を置いてきた。
というか、これ、日本だからこそ成り立つんじゃないだろうか。

続いて、宇江城城跡を訪ねる。
基礎の石があるだけで、建屋はないが、ここからは360度すばらしいパノラマを堪能することができる。
天気も良く、良い眺めにみんな気持ち良さそうだった。

そうこうしている内に夕方となり、今日の締めはバーデハウス。
海洋深層水に癒やされた後は休憩処でジェラートを堪能。
いやぁ、まじで癒やされる〜。
ようやく心身ともに島時間のリズムになってきたが……、明日は現実に帰る日(笑)

夕食はホテル近くの「南美家」という居酒屋へ。
オリオンビールと泡盛を飲みつつ、沖縄料理を堪能。
沖縄料理、これまたみなうまい。

そんなこんなで久米島での最後の夜は更けていった。


[WALK:5387]



旅行 ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/5654クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20180328/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2018 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記