なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2018/01/29] 再会 /

皇紀2678年12月13日 赤口 | 2018/01/29 19:33 更新
元気をもらって…天津へ帰る
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/172 sec f/2.2
>MAP
野邊野神社(久居八幡宮)境内
iPhone 6 Plus 4.15 mm ISO32 1/1582 sec f/2.2
>MAP
昨日、思い立ったようにフローリアンに連絡をとる。
考えてみれば、岐阜まで来たならば、フローリアンが現在奉職する神社も十分に行ける距離だし、思い切って行ってみようと。
幸い、フローリアンは神社にいるということで、お昼前、岐阜から三重へ移動。

お昼頃、津市久居に鎮座する野邊野神社(久居八幡宮)に到着。
フローリアンとは実に数年ぶりの再会を果たした。
野邊野神社に奉職する神職家に婿入りし、さらに子どもまで設け、いまではすっかり父親、そして神職である。
気を遣って用意してくれたお寿司を二人で食べつつ、長い時間いろいろなことを語り合う。

どれも深イイ話。
いやはや、これはもう生半可な神職では到底かなわない、正真正銘の神職としてしっかりと神明奉仕している。
昨日に続いて、自分自身の生き方、人生について考えさせられた。

いろいろな話の中で、彼が語ったことで特に印象的だったのは、その人が美しいかどうかは亡くなった時に決まる。
そのためには必要以上の物質を残さないこと。悲しみに暮れる遺族が膨大な遺品まで片付けなければならない、そんな生き方をしてはいけない。
しっかりと整理して、旅立つことが大切。
古来の日本人はいつ死すともしれないことをわかっていたから、整理整頓を重んじた。例えば、一日の終わりには使った硯・筆をきれいにした。
とても腑に落ちた話だった。

今年の私の抱負は「ととのえる」
まだまだ人生は長いけれど、先人たちが培ってきた、清浄、整然たるものを重んじる心を私もしっかりと実践していきたい、彼の話を聞いてそう思わざるを得なかった。

彼はいま、残存していたものの、長年そのままになっていた同社の歴史を記した古文書を紐解き、宮司らとも相談した上で、野邊野神社を元々の名称である久居八幡宮に変更することを決め、神社の未来像を模索しながら整備を進めている。

まさに夢に満ちあふれる、正統な神職として、古来から受け継がれてきた神道を未来につなげようと中今の今を生きている。

6月には長狭地区神社総代会の春季巡拝旅行で参拝も予定している。
また、9月1日には天津神明宮で行う神社フォーラムにパネラーとして参加してくれるかもしれない。

再会を近い、なにか私が元気をもらい、久居を後にした。


[WALK:7435]



神道・神社 旅行 ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/5596クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20180129/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2018 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記