なに
ぬ!
-
-
-
-
-
[2017/07/06] 99人のために1人は捨てられない。 /

皇紀2677年閏5月13日 大安 | 2017/07/10 18:03 更新
最近、自分自身を省み、いたく猛省することの繰り返し。
この歳になると団体の長をやることも多くなるし、あるいは板挟み的な立場になることも多い。
若い頃は今の自分からも見れば、やはり尖っていたと思う。自分の正義を振りかざし、刃を相手に振り下ろしていた。しかし、それでうまく行った試しはほとんどない。
そりゃそうだ、争いは争い、対立は対立しか生まない。

今からおよそ10年前にかっぺの代表を辞め、長男が産まれたということも一つのきっかけに地元に戻ってきたが、それでは収まらず、結局、まちづくりに引っ張り出され、鴨川ポータルサイト「かもがわナビ」プロジェクトを皮切りに、ポータルマガジン「KamoaZine」の創刊、そして、数々のイベント企画・運営、それをきっかけに青年会議所活動にも加わり、さらに輪廻のラグランジェ、現在では3年前に出会ったオルカ鴨川FCのフロントの一人として活動している。

この間、いろいろな場面に遭遇してきたし、うまく進んだこともあれば、うまく進まないことも多々あった。

その中で学んできたことは、まちづくりはあくまでも「100%賛成を目指す」こと。
これは全体主義を目指せということではない。
まちづくりにおいて、ドロップアウトする人を絶対に出してはならないということだ。例えば、鴨川において、みな手段は多種多様ではあるが、最終的に鴨川を良くしたい、悪くしたくないという究極的な目標は一致しているはずだ。
その点さえ、共有できれば、数々の違いや困難も乗り越えられると私は信じている。

100人いたとして、99人が賛成すれば、それでいいのか。
1人の反対を切り捨ててしまっていいのか。
私にはどうしてもそれができない。1人を切り捨てる自分が許せない。

だから、一つ一つの機微に一生懸命になりすぎてしまうところがある。
でも、この性格は変えられない。
結局は意地っ張りなんだと思う。

和を以て貴しと為す。

きっといつかはそういう状況に進んでいけるはず。
そう思って、勇気をもって進むしかない。

反面、それとは逆行した自ら放ってしまう言行に最近は正直自分自身に辟易している。
まだまだ未熟者。
人生、四十にして不惑というが、私はまだまだ惑っている。
決して強い人間でもない。むしろ弱い人間だ。

自分の心をぶん殴りつつ、突き進むしかない。
あくまでも前向きに。肯定的に。


[WALK:-]


人生行路 コラム ||
< 前日の日記 | 翌日の日記 >

<トラックバックURL> http://ina01.kappe.co.jp/na.ni.nu/d.cgi/tb/5388クリップボードにコピー
<ショートカット> http://na.ni.nu/diary/t.cgi/20170706/na.ni.nu2-cont.html
な・に・ぬ(na.ni.nu)について
いつも私の拙い日記にお付き合い、ありがとうございます。
おかげさまでこの日記(na.ni.nu)は [2001/10/10] パカッ! の記事以来、16年目を迎え、[2004/04/23] Wataruさんを囲む会 以降は毎日欠かさず記録してきました。(時々、かなりの連続投稿はありますが・笑)
その間、私の人生にもさまざまなことがありました。自分にとって、この日記は第一に自分自身が自分の歩みを忘れないようにするための記録であり、そのために各日記には一年前の同日の記事が表示されるようにもなっております。
いまさらながら、読者のみなさんにお願いがあります。この日記はあくまでも私の個人の活動記録であり、個人の見解が述べられています。したがって、私が所属する企業・団体・業界の公式的な記録や見解ではありませんので、この点ご理解の上、お付き合いください。
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

ハンドル やまちゃん
性別
星座 おひつじ
血液型 A
ホームページ http://na.ni.nu
興味のある分野 子育て うた スポーツ 神道・神社 旅行 リバティ・セレナ
メッセージ DiaryWeb 開発者のやまちゃんです。
この日記で DiaryWeb のサポートも行なっていきたいと思います。



Copyright © 2018 na.ni.nu, All rights reserved.
過去の日記